Amazon

【初心者向け】FBA料金シュミレーターの使い方を解説!

Amazonで商品を販売するには、FBA使用料や送料など色んな手数料がかかってきます。

実際に商品を仕入れる前に、これらの手数料も考慮してきちんと利益がとれるか判断する必要がありますよね。

それを簡単に計算してくれるのが、Amazonが提供しているFBA料金シュミレーターです。

FBA料金シュミレーターを使えば、諸々の手数料などを自動で計算しれくれるので、どのくらいの値段で販売すれば利益が出るのか一発でわかります!

なので今回は、初心者の方でも分かるように基本的なFBA料金シュミレーターの使い方を解説していきます^^

FBA料金シュミレーターとは?

FBA料金シュミレーターとは、Amazonで販売する時にかかる手数料を自動で計算してくれる無料のツールです。

Amazonの手数料は商品のカテゴリーやサイズによって異なるので、毎回自分で計算するのは大変なんですよね!

せっかく利益がとれると思った商品でも、手数料の計算を間違うと赤字になってしまう可能性もあります。

そこで、商品を仕入れる前にFBA料金シュミレーターを使えば、Amazonの手数料や見込み利益など簡単に計算できるので、仕入れミスを事前に防ぐことができます。

では実際に具体的な使い方をみていきましょう!

FBA料金シュミレーターの使い方を解説

まずは、FBA料金シミュレーターのページを開きます。

参考:FBA料金シミュレーター

そして、検索の箇所に利益を計算したい商品の

①商品名

②JANコード

③ASIN(エイシン)コード

のいずれかを入力して検索していきます。

この中で最も検索が簡単なのがASIN(エイシン)コードですね!

ASIN(エイシン)コードとは、Amazonの商品一つ一つについている番号で、Amazon関連で商品を検索するならこれが一番確実です。

ASINコードは、Amazonの商品ページの下の方に記載されています。

では、実際にある商品でやってみましょう!

ちなみに、今回は自己発送ではなく、FBAを利用する方で計算していきますね。

 

 

 

商品名 : ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタアイ ホワイト
ASINコード:B01KLM9YJE

この商品のASINコードを、FBA料金シュミレーターの検索部分に貼り付けて検索すると下記のような画面が表示されます。

 

①商品の売値

②Amazon(FBA)に送る送料

③商品を仕入れた値段

ここで①〜③の項目を入力して計算ボタンを押すだけで、手数料などを引いた利益額を計算してくれます。

例えば、

①こちらの商品を9800円で販売するとして、

②Amazonの倉庫(FBA)に送るのに500円の送料がかかりました。

③商品は5000円で仕入れたとします。

それぞれの数字を入力して計算ボタンを押すと、2435円の利益」がでることになりますね!

ちなみに、②Amazon(FBA)に送る送料については、ダンボールにまとめて商品をいれて発送するので、仕入れる前の段階で正確な数字は分からないと思います。

Amazon(FBA)に送る送料は、商品数やダンボールのサイズなどその時々によって変わりますが、僕の経験上1個当たり20円~100円の間になることが多いです。

なので、この時点では仮に50円と入力しておくと、だいたいの利益は計算できるかなと思います。

FBA料金シュミレーターの注意点

FBA料金シュミレーターを使う際に、注意しなければいけない点もあります。

実は、FBA料金シュミレーターが計算してくれる手数料には税金が含まれていません。

つまり、100%正確な数字じゃないという事です。

本来の手数料は、画像の赤枠部分に10%の税金がプラスされた金額になります。

980(手数料) × 1.10(消費税)= 98円(税金)

上の例でいうと、税金分の98円が手数料にプラスされるので、表示された利益額から税金分の98円を引いた金額が本当の利益額になります。

単価の高い商品だとその分誤差も大きくなるので、慣れるまではきちんと把握しておいたほうがいいですね!

FBA料金シュミレーターの拡張機能

FBA料金シュミレーターは非常に便利なのですが、毎回商品名やASINコードを入力して検索するのはちょっと面倒臭いですよね。

そこで便利なのが Amazon FBA Calculator WidgetというGoogleの拡張機能です。

 

参考:Amazon FBA Calculator Widget

Amazon FBA Calculator WidgetというGoogleの拡張機能を入れると、Googleの検索画面右上に笑顔マークが表示されます(^_^)

 

 

Amazonの商品ページを開いた状態で、この「笑顔マーク」をクリックすると、一発でその商品のFBA料金シュミレータのページに飛べるようになるんですね。

 

しかも、現在の販売価格まで自動で入力されているので、

(1)料金シュミレーターを開く
(2)商品を検索する
(3)販売価格を入力する

これらの作業が省略できてとても効率的なんですよね。

僕も使っていて非常に便利な拡張機能なので、よければインストールしてみてください!

FBA料金シュミレーターは初心者の必須ツール

FBA料金シュミレーターは、初心者にとってとても便利なツールです。

特に初めの頃は、正確に利益額を把握しておいたほうが良いですし、FBA料金シュミレーターを使っていれば、計算ミスで赤字になるリスクを極力減らすことができます。

誰でも無料で利用できるので、便利なツールは有効的に活用していきましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。