Amazon

Amazonせどりの手数料を一言で説明!これから始める人へシンプルに解説します。

手数料

これからAmazonせどりをやる人にとって、手数料がどのくらいかかるのか気になりますよね。

 

初心者の僕
初心者の僕
Amazonで販売するのに手数料はいくらかかるの?
初心者の僕
初心者の僕
手数料の計算って面倒くさそう。。

 

Amazonの手数料は商品のカテゴリー毎に異なっていて、一見すると複雑そうなんですが、
実際にやってみると手数料について考える事はほとんどありません。

なので今回はAmazonの手数料についてシンプルに解説します^^

Amazonせどりの手数料は月額4,900円(税別)+送料!

Amazonの手数料を計算する人

Amazonせどりの手数料で考えるべきは

月額 4,900(税別)+送料

これだけです^^

すごいシンプルですよね。

ちょっとだけ解説していきます。

大口出品or小口出品

Amazonに出品するには、まず大口出品か小口出品かを選択します。

  • 大口出品:登録料:4,900円(税別)/月
         商品が1個売れた時の手数料:0円

 

  • 小口出品:登録料:0円/月
                 商品が1個売れた時の手数料:100円

大口出品は月に固定で4,900円(税別)かかりますが、小口出品だと商品が1つ売れるごとに100円かかります。

ただし、これは迷う事なく大口出品で登録してください。

Amazon販売で利益出してる人はほぼ大口出品で登録しています。

理由はいくつかありますが、シンプルに言うと大口出品の方がメリットが多く商品が売れやすいから。

なのでAmazonせどりをするなら、月額の登録料として4,900(税別)がかかると思ってください。

送料

あと考えるのは、宅急便でAmazonの倉庫に商品を送る時の送料のみです。

沢山の商品を1つのダンボールにまとめて送れば、それぶん送料が安くなりますよね。

ちなみにですが、僕が初月に10万円稼いだ時は、商品数が約100個で送料は約1万円でした。

扱ってた商品は小さいものが多かったんで、1箱に5〜10個ぐらい入れて送ってました。

まだ始めたばっかで要領も悪かったので、もっと安くできる思います。

 

手数料について最初はこれだけ分かっていれば十分です。

僕は数学がかなり不得意だったので、やる前は利益計算に苦手意識がありましたが、実際にやってみたら僕でも十分に理解できるレベルでした^^

ただ冒頭で少し説明したように、Amazonは商品のカテゴリー毎に細かい手数料が設定されてるんですが、これはツールで自動的に計算できます。

Amazonの手数料は料金シュミレーターで自動計算

Amazonで商品が売れた時に、本は15%・楽器なら8%など、商品のカテゴリー毎に設定された販売手数料がかかります。

例えば、本を1000円で販売した時は手数料として15%である150円かかります。

でもこれ、FBA料金シュミレーターと言うツールで簡単に計算できます。

FBA料金シュミレーターとは、Amazonで商品を販売するときに、手数料などを自動的に計算してくれて、利益を簡単に計算することができる無料のツールです。

つまり、これを使えば手数料を自動で計算してくれて、いくらで仕入れたら利益が出るのかがすぐ分かります。

なので本は15%かかるとか、イチイチ考えなくて大丈夫です!

FBA料金シュミレーターの詳しい使い方は下の記事を参考にしてください^^

https://masahitoblog.site/simulator/resell/

まとめ Amazonせどりの手数料は簡単

今から始める人にとって、手数料はどれぐらいかかるのかは結構気になるポイントだと思います。

僕もやる前は月にどれくらいのお金がかかるか気になってました。

だってその金額が分かってないと、最低でも月にどのくらい利益を出さなきゃダメなのか分からないですもんね。

あとは実際にやっていくと、在庫の返送料、カテゴリー成約料など、状況によって発生する手数料があります。

これらは必ず発生するものではないので、その都度出てきたら理解していくので問題ありません^^

まずは月額4900円(税別)+送料がかかるのだと覚えておきましょう。

参考になれば嬉しいです^^

初心者から月5万円の副収入を得たい人のメルマガ講座→
無料登録はコチラ
初心者から月5万円の副収入を得たい人のメルマガ講座→
無料登録はコチラ